【京王2歳ステークス2017】予想と最終買目

Pocket

おはようございます。ヒカルです。

 

昨日はJBC3重賞とファンタジーステークスと4重賞ありましたが、

馬券は不発でした。

最近調子悪いです。

 

しかし、競馬はそういうときもある。

全部当てる事なんて不可能です。

一刻も早く、この不調を抜けて、連続的中を狙っていきたいと思います。

 

 

さて、今年の京王杯2歳ステークス2017は、

函館2歳Sのカシアス、小倉2歳Sのアサクサゲンキ、

ききょうSのタワーオブロンドン、ダリア賞のタイセイプライドなど

有力馬が集まりましたね。

 

昨年は桜花賞馬レーヌミノルがここで好走してます。

歴代の活躍馬も結構出走していますので、今後の活躍にも期待できます。

 

 

それでは各馬見ていきます。

 

1番タワーオブロンドン

前走阪神1400mのききょうステークスでは、

スタートから馬群の後ろに付け、直線は素晴らしい脚を見せての圧勝劇だった。

鞭も入れずにグイグイ加速した様子はまさにサトノダイヤを思い出した。

間隔を開けた事で疲れが取れて状態は更に上がってきている。

東京は初めてだけど左回りは問題ないと津曲助手。

ここは頭もある。

 

2番トーセンアンバー

横山和が乗る予定が、Cデムーロに。

欧州トップクラスの騎手に乗ってもらって賞金加算を目論んでいる。

馬場的にも通常の1400mよりはタフになるはずなので、

1600m以上の距離での実績あるのはプラス。

まともに走れば怖い存在。

 

3番マイティ―ワークス
新馬戦からは連敗が続く。

前走は最悪の不良馬場。その中で3着は見直せる。

このレースでの相性のいいキンシャサノキセキ産駒。

実績はまずまずだが軽視できない。実績馬よりこういう馬が来るレース。

 

4番ニシノウララ
消すら。

 

5番タイセイプライド

前走ダリア賞では外枠好位から直線抜け出す完勝。

新馬戦はやや荒れた馬場を経験していて、今の東京なら合うと思います。

3ヶ月ぶりでも仕上がりは良い。

2歳馬としてはスピードとパワーが他馬とは違う。

左回りの1400mで2戦2勝はプラス。

 

6番カシアス

先の馬でキンシャサノキセキ産駒について触れたが、この馬の方が実績がある。

函館2歳Sでは正直あまり強さを感じませんが、重賞勝ち馬。

洋芝で良い走りなので、今の東京の馬場もあう。

 

7番モリノラスボス

消す。

 

8番アサクサゲンキ

前走は、ハイペースの小倉2歳Sを先行して、1馬身以上突き放して勝利。

今後はマイルに対応していかねばならない。

乗り手のオーダーに応える学習能力の高さもあり、姉がローズS勝ちのラビットランなら、距離の融通性もあるはず。

姉のような末脚が爆発すれば怖い。

 

9番エントシャイデン

前走の新馬戦は稍重。それを33.6の足で後方から追い込んで最後振り切る競馬。

今の東京でも走れると思うが、このレースは逃げ先行有利。そこが気になる。

ストライドの大きさや走法からも広いコース向きで、スタート次第ではある。

 

10番ピースユニヴァース
消しま。

 

11番トキノメガミ
消し

 

 

最終買目

あまり荒れなさそうなレースなので、普段より絞っていきます。

しかも大振りします。

 

◎1番タワーオブロンドン

○この馬➡人気ブログランキングへ (現在160位前後です。宜しくお願いします。)

▲3番マイティーワークス

△2番トーセンアンバー

△8番アサクサゲンキ

△5番タイセイプラド

△9番エントシャイデン

 

3連単 ◎→〇→印 5点

◎→印→〇 5点

 

これで今日は勝負です。

以上京王杯2歳ステークスの最終予想でした。

The following two tabs change content below.
競馬予想ブログや競馬予想会社の口コミや評価をまとめている情報サイトです。優良競馬予想会社やブログをご紹介中。悪徳競馬予想サイトについても紹介します。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事