【大阪杯2018】予想と過去データ

Pocket

今回は【大阪杯2018】予想と過去データの記事を書いていきます。

今年も春の古馬中長距離GⅠ戦線の幕開けとなる。阪神競馬場のこのレース。

このコースは立ち回りの巧さを要求される舞台で知られています。

予想を組み立てるときには、そのあたりを考慮し不器用な馬は軽視していきたい。

 

去年はキタサンブラックが始動戦を勝利。G1昇格後の勝利馬になりましたね。

今年はそのキタサンと熱戦を繰り広げたサトノダイヤモンドが出走。

有馬記念で対戦したスワーブリチャードも出走。

金鯱賞での対決をまた繰り広げることとなります。

その時は同じサトノ。ノブレスが2着に入り沸かせましたが

今回はどうなるでしょうか?

 

 

先週の高松宮記念の熱が冷めないこの競馬界。

引き続きしっかり予想して、今回こそ的中したい。

先週は、本命のレッドファルクスがまさかの惨敗。

相手対抗のブリザードも5着。

予想は▲△×の決着で終わってしまいました。

 

切り替えて予想していきたいと思います。

 

まずは予想オッズ

オッズ

これはなんと、あの皐月賞馬アルアインが二頭に割って入り三強状態か。

オッズも3頭とも3倍台。

ジャパンカップ馬のシュバルグランは4番人気。

アルアインに先着経験のあるミッキースワローと続きます。

他にも、G1馬ペルシアンナイト。ゴールドアクターが出走しますね。

 

 

まさに頂上決戦と言いましょうか・・・。

非常に楽しみですね。

 

 

それでは過去のデータをいつものJRAのデータをみて考えていきましょう。

単勝人気別、オッズ別

過去10年の単勝人気別成績と単勝オッズ別成績を調べると、1番人気は3着内率90%。特に、単勝オッズ2.9倍以下だった1番人気馬は、〔3-3-2-0〕(3着内率100%)となっている。それに対し、3~5番人気はそれぞれ連対率10.0%といまひとつ。6番人気馬が2勝2着1回、7~9番人気が2着4回となっている点が特徴的だ

右回りの不安もありスワーブリチャードが抜けたオッズになることはなさそう。

今のところ1番人気という事で信頼度強でしょうか。

3から5番人気の成績を見るとサトノダイヤモンドに不安は残るが、

このオッズなら入れ替わりそうだし、逆にアルアインの方が不安だと思う。

 

 

 

前走着順

過去10年の出走馬の前走の着順別成績をまとめてみると、前走が1着だった馬は全て2着以下に敗れている。逆に、前走が2着だった馬が7勝と好成績を残している。前走が3~5着だった馬もまずまずの成績となっているだけに、前走1着馬の不振は気になるところだ。

前走2着はアルアイン。サトノノブレス。ミッキースワローですね。

この中でもサトノノブレスはこのコースで去年の2着馬ステファノスと同じ時計を持ってます。ここで伏兵の台頭も考えられますね。

 

 

前年成績

前年秋以降の成績に要注目

過去10年の大阪杯では、「前年秋以降のGⅠまたはGⅡで4~6着」となったことがある馬が、2008年と2013年を除く年で連対している。今年もこれに該当する馬が出走してきたら、注目してみる手があるかもしれない。

やや変わったデータだが、これにはフォア賞4着でサトノダイヤモンド。

同じく6着、サトノノブレス。エリ女、香港Cでスマートレイヤー。

有馬記念4着スワーブリチャード。菊花賞5着ダンビュライト。

中山記念5着ペルシアンナイト。菊花賞6着ミッキースワロー。

金鯱賞4着ヤマカツエース。阪神大賞典6着ヤマカツライデン。

結構名前が出ましたね。有力馬も苦戦しているわけですね。

 

 

人気以上の成績

近年の大阪杯では、「4走前までに重賞で単勝6、7番人気となり、単勝人気順よりも着順が上位だったことがある」という馬が、2009年以降毎年1頭連対している。出走各馬の過去の成績を見て、この条件に該当している馬がいないかどうか、チェックしておくことをお勧めしたい。

これには小倉大賞典7番人気5着マサハヤドリーム。

関屋記念7番人気1着。中山記念6番人気3着マルターズアポジー

函館記念7番人気3着。阪神大賞典7番人気6着ヤマカツライデン

となりますね。ただマルターズアポジーはダービー卿への出走が濃厚でしょう

 

 

3走前レース

過去3年の大阪杯では、「3走前が前年9、10月のGⅡだった」という馬が優勝している。前年秋以降の出走回数が少なく、ゆったりとしたローテーションで臨んだことが好結果につながったのかも。ちなみに、昨年の優勝馬キタサンブラックは、3走前が京都大賞典、2走前がジャパンカップ、前走が有馬記念で、年明け初戦がこの大阪杯だった。

 

セントライト記念でアルアインとミッキースワロー。

フォア賞のサトノダイヤモンドとノブレス。

京都大賞典シュヴァルグランとスマートレイアー。

この6頭から優勝馬が出るのでしょうか。

 

 

 

まとめ

さあ、いろいろ見ていきましたが。

優勝はこの馬➡人気ブログランキングっぽいですね。

1叩きした今状態は上向き間違いない。

海外帰り、余裕残しであの結果なら優秀でしょう。

 

 

穴目で面白そうなのはこの馬➡人気ブログランキング

ここも穴目になりそうですが時計をみても実力があるのは間違いない。

余裕残しはこの馬も同じ。

ここでもやれますよ。

 

 

The following two tabs change content below.
競馬予想ブログや競馬予想会社の口コミや評価をまとめている情報サイトです。優良競馬予想会社やブログをご紹介中。悪徳競馬予想サイトについても紹介します。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事