【東スポ杯2歳ステークス2017】予想

Pocket

東京スポーツ杯2017予想を中心とした記事になります。

 

このレースは過去4年連続で1番人気が勝てていないレース。

また来年のクラシック路線にむけての重要な1戦。

この前も書きましたが、ワグネリアンとルーカスが人気するでしょう。

前走の走りをみたら当然の人気なんですが、しかし、さみしいレースですよねww

7頭ですよ!『競艇かっ!!』って突っ込みたくなります。

「3号艇の捲り差し!決まりました!」

「そのままゴール。さんばん、ふたばん、ろくばんの決着・・・」

みたいな・・。( `ー´)ノ

 

 

てかこれ、みんな出走回避して減ったという事なんです。

わかるけどぉ・・・サミシクナーイ。的な感じです。

じゃあ、この2強に逆転できる馬がいたらこれからの2歳路線は面白くなりそうですよね。

 

個人的には2頭以外に注目している馬はいます。

成長力の高そうだし、このレースをただじゃ終わらせない、面白い存在だと思ってます。

 

ある馬の産駒で気にしているんですが、東京芝1800mなら、ここでも通用すると思ってます。

 

それでは今現在の予想オッズと共に各馬を見ていきたいと思います。

 

 

【予想オッズ】

 

1 ワグネリアン   1.8
2 ルーカス     2.6
3 シャルルマーニュ 6.7
4 コスモイグナーツ 11.6
5 ゴールドギア   11.7

 

 

上位人気5頭はこのような感じ。

2強以外は下位5頭になるんですけどね。

 

まあ、やはりワグネリアンとルーカスで人気独占って感じです。

確かに、この2頭のレースを見ると逆らうのは馬券をはずしに行くようなものと思えます。

 

しかし!競馬には「3強はそのまま決まることが多いが、2強はどちらかは飛ぶ!!」

なんてことを聞いた事があります。

過去にもそんな状況で飛んだのも見てきました。

が・・。はたしてそうなるのか。

楽しみですね。

 

力の差があり、少頭数、馬券的な妙味はまったくなさそうですけど。

注目しておくべきレースだとは思います。

 

 

ワグネリアン

 

調教ではリッチーリッチーやヴィブロス相手に調整。

2歳馬でこの相手に好時計をだしている。

前走、重い馬場で上がり33の脚って2歳じゃなくても良い。

このまま成長していったらどうなるのか。先が楽しみ。

土曜の東京は良馬場で出来そうですし!レコードが出る可能性もある。

1番人気ですが、さすがにココは勝ち負け。

 

ルーカス

出走馬中、3か月の休み明けはこの馬のみ。

休み明けからもしっかり走れる馬もいますのでどうなるか。

ていっても、能力で押し切るイメージも沸く。

 

馬なりの調整が多いところなので、良しあしははっきりはわからない。

 

新馬戦の相手はほぼすでに勝ち上がっているので、

あのレースで相当強い内容だったこの馬も勝ち上がっていくのは時間の問題。

 

シャルルマーニュ

 

追切ではこの馬の自己ベストに迫る時計をマーク。

小倉の未勝利戦まで中々勝ち上がれていないのは気になる。

しかし、不良馬場の影響もあったと思うが、

前走で高血統馬タニノフランケルやフラットレーに先着したのは評価できる。

 

 

コスモイグナーツ

 

追切はあまりよいという印象はないが、悪くもないか。

前走は少頭数で馬場や展開に恵まれた感じは否めない。

能力で2強に立ち向かえるかと言ったら厳しそうか。

 

ゴールドギア

調教、追切は厩舎によって仕上げが違うし、馬によっても違う。

しかし、この馬はいい感じに見えます。

新馬戦は調教が良かった馬や馬体がカギですが。それだけなら良さそうです。

 

 

さて1番人気のワグネリアンがずば抜けて勝利するのか?

またはマイル王モーリスの全弟!ルーカスか?

 

 

 

この前もお話ししましたが、今回の1戦。

一発あるかも?と思えた馬がいます。追切をみて確信も出来ました。

その馬は、ランキングの方で紹介しますね。

 

その馬はこの馬➡人気ブログランキングへ (現在160位前後です。宜しくお願いします。)

 

この馬と同じ産駒は東京1600mで勝ちまくってます。

母の血統もマイルよりなので距離延長が気になるところですが

こなせると思います。

さらに前走は強い競馬でした。

その馬はこの馬➡人気ブログランキングへ (現在160位前後です。宜しくお願いします。)

The following two tabs change content below.
競馬予想ブログや競馬予想会社の口コミや評価をまとめている情報サイトです。優良競馬予想会社やブログをご紹介中。悪徳競馬予想サイトについても紹介します。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事