【東海S2018】予想と過去データ分析

Pocket

今回は東海S2018の予想と過去データ分析の記事を書いていきます。

この東海Sはフェブラリーステークスの優先出走権が与えられるため、

春のダート王を目指す馬にとって重要な1戦となります。

今年最初のG1を仕留めるためにも、

ここはしっかり当てて、次につなげたいと思います。

 

 

ここ数日忙しくてアップできていなかったので充電はたまっていますよ!

昨日は雨の中、浅草に寄り道して今年を拝んできました。

パワースポットでもあるので運気は上がったはずww。

 

 

ちなみに、あまり知られていないと思うのですが、

パワースポットは個人個人で属性があり、行っては駄目なところ、

いいところがあるみたいです。

よく覚えていないのですが、生年月日から算出出来て、

空・地・水・火・風と自分と場所の相性がカギになるらしいです。

相性が悪いと逆に運気を吸われてしまうみたいで・・・・・。怖いですね。ww

 

 

浅草寺は相性の良いスポットだったので上昇したでしょうww

それでは予想に入りたいと思います。

 

過去5年の人気別データ

勝ち馬は1番人気と4番人気からしか出ていないですね。

そこで絞るのは極端なので、4番人気以下から勝ち馬は見つけた方がよさそう。

複勝圏内はバラバラなので穴もしっかり入れて予想していきましょう。

1番人気の複勝率100%も気になりますね・・・。

 

 

前走着順

勝ち馬は前走5着以内から出ています。

大敗した馬や、中途半端な順位の馬からは勝ち馬は出ていないです。

軸を選ぶうえで参考になりそうですね。

 

 

3走前までに出走していたダート重賞での最高着順別に成績

優勝馬5頭は3走前までにダート重賞で4着以内に入った実績を有していた。

ただ、複勝圏内と考えると幅広く、9着以下で連帯もしているので、

伏兵馬はしっかり見ていきたい。

 

 

JRAのデーターを参考に見ていきましたが、テイエムジンソクは良さそうですね。

ちなみに前走のチャンピオンズCからのデータはあまりよくなかったですが、

この馬には関係なさそうです。

それ以外に後押しするデータがあるので堅そう。

 

 

しかし勝ちきるか?と言ったら伏兵にもチャンスはありそう。

自分は悪いデータにはまらず、面白そうな1頭を見つけました。

それは。

この馬⇒➡人気ブログランキング

 

走るのに条件が付くので何とも言えないがチャンスは感じます。

チャンピオンC組が悪いデータがあるのでそこはクリアするし、

それ以外でなるとこの馬は有力候補。

 

 

The following two tabs change content below.
競馬予想ブログや競馬予想会社の口コミや評価をまとめている情報サイトです。優良競馬予想会社やブログをご紹介中。悪徳競馬予想サイトについても紹介します。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事