【神戸新聞杯2017】予想と過去データ等

Pocket

こんにちは。管理人のヒカルです。

今回は今週末おこなわれる【神戸新聞杯2017】の記事になります。

ダービー馬「レイデオロ」はどんなレースをするのか?

はたまた、それを脅かす穴馬は出るのか?非常に楽しみです。

 

さて、この神戸新聞杯2017は阪神競馬場でおこなわれ、菊花賞トライアルという一戦である。

菊花賞へ向けて最重要の前哨戦であり、昨年はサトノダイヤモンドがここを勝利して本番も制している。

今年は日本ダービーを制したレイデオロ。秋初戦、死角はないのか。過去10年のデータから探っていきたいと思います。

 

 

 

人気

表1【画像提供:JRA-VANデータラボ】

比較的かたい決着という感じでしょうか。1番人気は勝率60%とかなり高いです。

それとは逆に、10番人気以下は1頭も連帯、複勝圏内ゼロです。

大穴の入る余地はなさそうですね。

ただ、今年の3歳牡馬戦線を見ていても、紛れはあると期待したいです。

皐月賞の配当はすごかったですし。

 

 

 

前走

表3

やはり、ダービー組が有利か?8-6-3-28/45 は信頼度が高そうです。

1000万下からはちらほら馬券内には入ってます。ただし、前走着順は1,2着の馬がほぼです。

なのでこう言った馬でのヒモ荒れは期待できる。

 

 

さて、今年の枠順ですが、このようになってます。

枠順

 

過去10年の傾向を確認しておきます。

1枠[1-0-2-10]
2枠[0-0-1-16]
3枠[2-1-0-15]
4枠[1-1-0-16]
5枠[2-3-2-13]
6枠[1-1-2-15]
7枠[0-2-2-18]
8枠[3-2-1-16]

と、あまり差は感じられないので、ほぼフラットでしょう。

前日の傾向をよく見て考えたい。

 

 

それでは出走馬について考えていきましょう。

 

 

 

メイショウテンシャ

OP重賞は初挑戦。500万下1着→1000万下8着。
実績通りの評価でいいでしょう。消しか。

 

サトノアーサー

重賞3着以内2回。デビューから4連続2着以内だったがダービーは10着。

ただし出遅れ。上がりは33.4。ここは立て直されれば前進。良馬場で出来そうですし

追い切りもダービーの時と同じような感じで、この馬なりの力は出せる仕上がりでしょう。

 

ダンビュライト

重賞3着以内3回。朝日杯FS13着以外は全て0.4秒差以内(1-1-3-1)と相手なりに走るタイプ。

追切も、いい数字をばんばん出しています。状態は間違いなくかなりいいと思いますので、

阪神2400mを考えても好走は十分ありそうです。

 

ベストアプローチ

重賞3着以内2回。スタミナあり。
追切は栗東CWを併せて抜け出す形。
終いがしっかり伸びていい追い切りです。
軽視はできない。

 

キセキ

重賞3着以内1回。現在4連続3着以内。

3歳前半はあと一歩の競馬、500万下1000万下と良い内容で連勝。
毎日杯と同じような追い切りで、この馬なりの力は出せそう。

 

アムバローズ

重賞3着以内なし。OP特別は2勝しているが、重賞だと10,12,17着。
追切は、皐月賞当時より伸びも軽やかさも上回っており、
展開しだいではチャンスありか?

 

タガノシャルドネ

OP重賞は初挑戦。未勝利は7戦目で脱出。500万下は6戦目で脱出。
栗東坂路を単走で調整。
追切からは、雰囲気や走りからは状態は良いと思います。

実力的にどうか?一つ足りないか。

 

レイデオロ

重賞3着以内2回。皐月賞0.4秒差5着以外は4戦4勝。

スローで上がりだけの馬ではなく、ダービーで自ら仕掛ける競馬もできた。

ルメールの好騎乗。皐月賞は休養明けで下がっていなかった。
今回も明知ではないが、実力で押し切るか。

追切も悪くなく、力は出せる状態だと考えます。

 

マイスタイル

重賞3着以内1回。ダービーの時みたいに展開恵まれ好走なるか。
栗東CWで併せて抜け出す形。
併走馬をあっという間に突き放す際の
姿勢がブレずに力強さがある。

 

ホウオウドリーム

OP重賞は初挑戦。500万下で12,3,3着。スタート課題あり。距離がのびるのはプラスか。
ただ、追切、実力的に買えない。消しか。

 

カデナ

重賞3着以内2回。デビューから5連続2着以内、地力がどうか。メンバー次第か。
栗東坂路で単走を52.3-12.7とこの馬のいつもの追い切り。
実力はあると思うのですがどう出るか、展開次第。

 

エテレインミノル

重賞3着以内なし。500万下1着→1000万下2着。上がりが速くなると厳しい。

前に行って上がりの掛かる展開が理想か。

追切は共同通信杯の時と同じようなもっさりとした追い切りであまりよくないかも。

 

タガノヤグラ

OP重賞は初挑戦。9戦目で未勝利脱出。ここは厳しい。
ただ状態はいいでしょう。

 

アドマイヤウイナー

重賞3着以内2回。スタミナあり。小回りより広いコースが向く。
栗東CWで併せて併入も併走馬より余裕はなさそうです。
青葉賞の時が軽快に伸びていたので、今回は見劣りします。
大外で競馬をしやすい展開利はありそうですが、
どうでしょうか。

 

 

ここはやはりレイデオロが強いか?

メイチ気配濃厚のダンビュライトか?

キセキの足が炸裂するか?

 

また当日考えたいと思います。

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
競馬予想ブログや競馬予想会社の口コミや評価をまとめている情報サイトです。優良競馬予想会社やブログをご紹介中。悪徳競馬予想サイトについても紹介します。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


関連記事


おすすめ記事